園の概要

園目標

・子どもたちが、いきいきと育ちあえる保育園

・保護者が安心して子どもを預けることができる保育園

・子どもの24時間の生活を、保護者と保育者が
        協力しあい、共に育ちあえる保育園

・地域にとけこみ、地域の福祉に寄与し、
         地域から信頼される保育園

・子どもたちの成長、発達を援助するため、 他の機関
 と協力、連携を図りながら、学習交流をすすめる保育園

・職員にとって働きがいのある保育園


保育目標

子どもたちがいきいきと生活できるように、共に育てよう

・命を大切にする

・健康で、たくましい心と身体を育てる

・仲間の中にいることを喜び、仲間と共に育ちあう

・よく見て、よく聞き、よく考える

・自分でできることを喜ぶ


あゆみ

  年         内容
1975年 のぞみ保育園 開園
 (園独自)長時間・土曜午後保育の実施
 (高知市)障害児保育の実施
1982年 産休明け保育の実施
1988年 アレルギー給食の実施
1992年  0歳児の障害児の受入れ
 (高知市では、3歳未満の障害児の受入れを認めていなかったが、入所運動の結果が認められた。)
1998年 延長保育(7:20~18:50)を始める
2006年 延長保育(7:20~19:00)を始める
2009年
耐震補強工事が完了

クラス構成

  クラス 人数 職員
0歳児 とまと組  7名 3名
0,1歳児 かぼちゃ組 8名 2名
1,2歳児 にんじん組 10名 2名
2歳児 みかん組 13名 2名
3歳児 りんご組 16名 1名

                     2020年8月1日現在



    その他の職員:園長1名

         主任保育士1名  

           看 護 師  1名
          フリー保育士 3名
          特別支援保育士 1名

          延長保育・パート職員4名

           調理師2名 栄養士1名

園の見取り図

 

給食

のぞみ保育園では国産の材料を使い、和食を中心にした給食を自主献立で作っています。

 

 

こんなご飯を食べてるよ!!

 

アレルギー給食

「アレルギー食用に特別な食材を用意するのではなく、体にいいものはすべての子どもたちに食べてほしい!」という思いから、のぞみ保育園のアレルギー給食は除去が必要な食材にのみ対応して、食べても構わないものは全て“みんないっしょ”の体にいい物を使っています。※集団給食のため、対応が難しい場合もあります。

 

"見た目を似せたコピー食♪ みんなと一緒がうれしいね♪ "

 

ミートローフ(ひき肉→ジャガイモで代替え パン粉→アレルギー用パン粉)

オーロラソース(ケチャップ、マヨネーズはアレルギー用)